• 松部杖

    方法

    射線治療は主に通院によって行われます。この時には通常の生活ができてしまうために、

  • 点滴

    原因

    肉腫の発症に気づく原因は骨の痛みが続くことで気づきます。激しい痛みが初期の段階で

  • 骨折

    がんについて

    んは日本の三大疾病のひとつで、心臓疾患、脳血管疾患よりも死因になっている疾患のひ

骨折

がんは日本の三大疾病のひとつで、心臓疾患、脳血管疾患よりも死因になっている疾患のひとつになります。
がんは今や知らない人はいないというほど、生活に浸透してきていて近親者や友人などが病用していたり、もしかしたら死亡に至っているケースも少なくありません。
がんの治療はキツイといった印象が大分定着してきています。
テレビなどのメディアを通してがんの病用について詳しく取り上げていたり、実際の治療方法や患者さんの生活スタイルや病用についてを取り上げたドラマなどもありその印象が強く残っている方も少なくありません。
実際にがんの治療は何がキツイのかというと副作用による吐き気や脱毛、下痢や倦怠感などがあげられます。
だんだんと体力がなくなっていき、本当に自分との戦いになっていきます。
また、自分1人の力ではがんとは戦うことはできません。家族や恋人、友人など自分の周囲の方々に支えられないとがん治療は増々キツイものになってしまします。
そして、看護師や担当医の支えもメンタル面では非常に重要になってきます。

がんの治療には主に3種類あります。手術療法と化学療法、放射線治療があげられます。
手術療法は実際に身体にメスを入れてがんの病巣を取り除くという方法で、小さくてもある程度の大きさで切除可能な大きさならば手術療法が積極的に行われます。
ただし、この手術療法は傷が残ってしまうことと、身体にメスを入れる事で体の回復に時間が掛かるというリスクが伴います。
こうしたデメリットを防ぐために、最近では腹腔鏡手術という切除部分を小さくしたり、内視鏡を使用したりなどして患者さんの身体的な負担を少なくするような流れになってきています。
化学療法は主に、抗ガン剤治療のことを指します。抗がん剤を使用してがん細胞を死滅させたりがん細胞の増殖を抑制させたりする事を目的としています。
しかし、化学療法は健康な細胞にも悪影響を与えるためにさまざまな副作用が起こりきつく感じてしまうという事があげられます。
放射線療法はがん病巣部の大きさや範囲を特定してその部分だけ集中的に放射線を照射することができ、これによってがん細胞を死滅させる働きがあります。
照射部には炎症や痒みを伴うなどの副作用の症状が見られることがあります。
最近ではこの3つの治療方法に加えて第4の治療方法が注目を集めていて、それはNK細胞療法といいます。
NK細胞療法とはNK細胞という自分の細胞を使用して治療していくという化学や医療が進歩している現代ならではの療法になります。
また、NK細胞療法が注目されている理由には副作用が他の療法に比べて少ないといった事があげられます。

がん以外にも注目している病気があり、それは骨肉腫です。
骨肉腫とは悪性腫瘍のひとつで、腫瘍細胞が骨の組織を作ることが特徴としてあげられます。
骨肉腫になる原因ははっきりしていなく、家族内での発症がごくまれに見られているという報告があります。
骨肉腫にはがんを抑える遺伝子の異常が発見されていて原因としてはそれが考えられています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031